本文へスキップ

幽玄の伝統を正しく受け継ぐ 武田流騎射流鏑馬

武田流流鏑馬保存会についてprofile

武田流流鏑馬保存会は、伝統を後世に正しく伝えることを目指しています。

保存会について

我々は、正統古武道の流鏑馬として日本に二つしか現存しない流派の一つである武田流流鏑馬を後世に正しく伝え保存するため、昭和46年8月に「武田流騎射流鏑馬保存会」として熊本で発足しました。

昭和46年に第46代竹原正文が逝去された折り、伝統を絶やさぬよう社会全体として継承しようとの思いで、当時の門弟により保存会が発足、同年の会員は18名、賛助会員は100名にも上りました。

昭和50年3月には当保存会が熊本県重要無形文化財として認定されるなど、徐々に会は発展していきました。さらに平成21年、特定非営利活動法人の認可を受け、名称も特定非営利活動法人 武田流流鏑馬保存会へ改称されました。

我々は約1100年間受け継がれてきた伝統を正しく伝承し、新たな発展を目指していきます。


活動状況

毎年、細川家ゆかりの出水神社にて春秋の大祭に奉納を行っています。

この他に日本三大名城として名高い熊本城や日本の名城100選にも選ばれる人吉城のお城まつり、八代市の妙見祭での流鏑馬や、伝統武技の演武会である弓道の先師祭、熊本県古武道演武大会における演武披露等を行っています。

技術向上のため、保存会道場である幽玄館にて歩射や木馬練習を行い、北熊本または阿蘇高森にて乗馬の練習と騎射稽古をしています。

また、我々は武田流流鏑馬を神事としてだけでなく、武道としての伝統を正しく後世へ継承するために、毎年やぶさめ少年塾を開塾し、若手の後継者育成に尽力しています。


役員

武田流騎射流鏑馬 宗家47代師範 竹原 陽次郎

沿革

昭和46年8月
武田流騎射流鏑馬保存会 設立
昭和50年3月
熊本県重要無形文化財 指定
平成元年4月
熊本市政百周年記念パレード出演
平成2年10月
熊本市紹介(伝統文化)映画出演
米国サンアントニオ市での流鏑馬披露
平成3年5月
小笠原流との共演(熊本城長塀前)
平成3年10月
創立20周年記念公演(県立劇場)
平成4年10月
長塀落成記念特別演武(熊本城長塀前)
平成5年8月
火の国まつり
平成5年11月
県民文化祭(山鹿市グラウンド)
平成6年11月
第4回全国食文化交流プラザ事業演武(県立劇場)
平成7年10月
溝部学園創立五十周年記念事業(大分県別府市)
平成7年11月
熊本県文化功労賞授賞
平成8年10月
熊本城お城まつり協賛流鏑馬
平成10年5月
国体馬場競技場 馬場開き式記念演武(菊池農高)
平成11年10月
くまもと国体スポーツ芸術の部演武(山鹿市)
平成12年10月
ドイツのハイデルベルグ市で友好親善演武
平成14年9月
幽玄館道場 完成
平成14年11月
文部科学大臣より地域文化功労賞 受賞
平成15年6月
NHKテレビ「ひのくにプラザ」に竹原師範出演
平成15年10月
菊池農業高校百周年記念行事に出演
平成18年2月
小笠原流より訪問・合同稽古
平成18年5月
やぶさめ少年塾 開塾
平成19年1月
熊本城築城400年記念「清正公新春の言祝ぎ」出演(〜21年)
平成19年2月
日本古武道演武大会(熊本市)出演
創立35周年記念講演会
平成20年5月
人吉お城まつり協賛流鏑馬
平成21年10月
特定非営利活動法人 武田流流鏑馬保存会へ改組改称
平成23年12月
創立40周年記念祝賀会
平成24年11月
八代妙見祭国指定記念流鏑馬演武
平成25年3月
幽玄館道場安土改修
※各演武、奉納は記載年より毎年実施

武田流流鏑馬保存会

〒862-0971
熊本市中央区大江1丁目28-32

TEL 096-364-6683